BBT Learning Market

BBT Learning Market

番組概要

PMP資格用講座

【PMP資格用講座】経営戦略

企業の経営で中心的な役割を担うマネジャーに必要なのは、創造的なアイディアや分析・検証力、そして「戦略的思考」による経営力です。この講座では、学術的理論と実務での応用、古典的理論と最新の研究成果を融合し、戦略的経営の基本を学びます。

また、毎回の講義では、日本企業の事例を用いて、分析のフレームワークを使って解説していきます。
この講座を受講すれば、戦略の基本的な考え方や背景となる理論を理解し、戦略的思考への第一歩を踏み出すことができます。

番組詳細

第1回:事業戦略とは/事業戦略立案・実施のプロセス

第1回目は、講義の全体像を紹介します。まず初めに「戦略とは何か」、「戦略の要件」について考えます。次に、近年の企業を取り巻く環境から「なぜ今、戦略が必要なのか」を理解し、事業戦略の概略と要素(目標、範囲、競争優位性、ロジック)について解説します。ここでは、アスクルの事例をもとに事業戦略の要素の観点から具体的に考えます。
後半は、事業戦略立案・実施のプロセスを確認し、伊藤園の事例を用いて分析します。ここではまず、清涼飲料業界の実際の状況をもとに、伊藤園のロジック、事業展開、バリューチェーンについてご紹介し、財務状況や同業他社との比較、組織の課題等について考えていきます

第2回:内的コンテクスト:組織構造

企業が競争優位を発揮するための重要な要素の一つとして、「コンテクスト」があります。第2 回目は、そのうちの内的コンテクスト(組織構造と組織設計)について学習します。内的コンテクストでは、企業がどのような資産(有形・無形)を保有し、その資産をどのように組織化しているかを見る(分析する)ことが重要です。企業の資産が競争優位となるかどうかは、組織の仕方にかかっています。このような組織設計の問題(コーディネーションとインセンティブ)と解決法(ARC分析:Architecture, Routine,Culture)を体系的に考える方法を紹介します。また、今回も日本を代表する大手化学メーカー2 社(信越化学と花王)をとりあげて事業戦略と内的コンテクストの違いや関係を具体的、実践的に学習していきます。

第3回:外的コンテクスト:業界分析

企業の業績は、社内外のコンテクストと企業のとる「アクション」によって決定されます。今回は、前回の「内的コンテクスト(組織構造と組織設計)」に続いて「外的コンテクスト(業界分析)」について学習します。外的コンテクストとは、事業を巡る業界(市場の状況等)および市場以外(売り手、買い手等のバリューチェーン全体)を指します。外的コンテクストを分析するためには、「業界構造分析」や「競争のスペクトラム」等のフレームワークがあります。業界分析の基本フレームワークとしてポーター(Michael E. Porter)の「5 つの基本的な力:Five forces」を説明し、実際の業界事例(自動車業界、コンビニエンスストア)に基づき検証していきます。また後半では、競争スペクトラム(競争の度合いを考えるフレームワーク)を説明し、その中でもニッチ市場について学習します。事例としてダンスミュージックという新しいニッチを作り出したエイベックスを紹介し、ニッチを創造する戦略について詳細に見ていきます。

第4回:集中市場における競争/新規参入と既存企業の優位性

前回までに学んだ競争戦略の基本をベースに、今回は、集中市場(寡占市場、支配的企業のある構造)について見ていきます。集中市場とは、少数の大企業からなる寡占市場と1 社の支配的企業が存在する市場のことです。集中市場においては、企業の成果や業績は競争の詳細によって決定します。その競争の詳細をゲーム理論によって説明します。一方、既存企業にとって大きな脅威となるのが新規参入の存在です。その新規参入業者に対して優位性を保つための仕組みが「参入障壁」です。後半では、参入障壁の内容と既存企業が優位性を保つための取り組みを学習します。さらに国内の航空業界の事例を通じて、新規参入業者と既存企業の競争について具体的に学習します。

第5回:バリューチェーンと変化への対応/需要サイドの収穫逓増

第5 回目は、業界を含むバリューチェーン(価値連鎖のシステム)に焦点を当て、バリューチェーンが創造する価値やセグメントごとの価値配分などについて学習します。初めに、バリューチェーンにおける価値創造と価値獲得の関係について解説します。ここでは、価値獲得という敵対する関係ではなく、価値を創造するためにどのように他者と協調するのかについて、アスクルの例をもとに学びます。また「変化」に対して、これまで学習してきた基本フレームワークで、どのように対応するのかを検証します。特に産業をライフサイクルの観点から捉えた時にとるべき戦略的な対応について学びます。最後に、コンピュータや通信産業において顕著な需要サイドの収穫逓増(DSIR)について学習します。需要サイドの収穫逓増とは、ユーザー数が増すにつれてユーザーに対する製品のメリットが増すことをいいます。そのような傾向がある業界における競争戦略について学びます。

第6回:グローバリゼーションと全社戦略

前回までは、1 つの事業の戦略について、内的/外的コンテクスト、バリューチェーン等の視点から分析してきました。最終回の今回は、まず、複数の地域や複数の事業を同時に行う場合の効果と課題について考えていきます。多角化経営には資産の有効活用、規模や範囲の経済の享受などメリットがありますが、実際にはうまくいっていないケースが多いようです。複数の事業を同時に行う場合、資源の配分や組織設計に課題があります。JTの事例をもとに多角化経営の実際を学びます。次にグローバリゼーションの問題について学習します。国境の消滅や市場の同質化など経済のグローバル化により新たな経営課題が生じています。グローバルな経営を行うには、世界レベルでの効率化を目指すと同時に地域への対応を図らなければなりません。また、グローバルなコンテクストでの学習も大きな課題となっています。グローバル化の最近の傾向として、地域組織の重視があげられます。地域への対応として、ダイヤモンド・クラスターという概念を学びます。

その他講座

カテゴリ番組名講師名受講料(税抜) PMP資格用講座 【PMP資格用講座】PowerPoint ビジネスプレゼン講座 菅野 誠二 25,000円全10回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】新・組織論再入門 野田 稔 45,000円全18回 PMP資格用講座
財務・会計
【PMP資格用講座】アカウンティング講座 財務分析入門 西山 茂 25,000円全14回
PMP資格用講座
リーダーシップ
【PMP資格用講座】マネジメントとリーダーシップ 高橋 俊介、川上 真史、大前研一 15,000円全5回
PMP資格用講座
組織・人事
【PMP資格用講座】大前研一×ダニエル・ピンク 人材の「やる気!」をいかに引き出すか 大前研一 10,000円全1回
PMP資格用講座
リーダーシップ
【PMP資格用講座】BCG戦略リーダーシップ 太田直樹 15,000円全6回
PMP資格用講座
組織・人事
【PMP資格用講座】チームマネジメント 小林 惠智 5,000円全2回
PMP資格用講座
マネジメント
【PMP資格用講座】成功するビジネスプラン 伊藤 良二 15,000円全6回
PMP資格用講座 【PMP資格用講座】経営戦略 石倉 洋子 15,000円全6回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】ネゴシエーション 高杉 尚孝 15,000円全6回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】実践!コーチング入門 伊東 明 7,500円全3回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】情報調査力の磨き方 上野 佳恵 7,500円全3回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】企業の決算書から学ぶ会計入門 田中 靖浩 7,500円全6回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】戦略管理会計 西山 茂 15,000円全6回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】ビジネスプラン 森本 晴久 15,000円全6回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】リーダーのための実践ファシリテーション 森 時彦 15,000円全6回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】コーポレートファイナンス基礎理論 鈴木 一功 32,500円全13回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】実践!マーケティング戦略論 数江 良一 20,000円全8回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】マネジャーのための組織人材マネジメント論 高橋 俊介 15,000円全6回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】戦略構想力 御立 尚資 15,000円全6回 PMP資格用講座 【PMP資格用講座】戦略発想法 本島 康史 15,000円全6回
受講料(税抜)
15,000

講義時間:6時間

受講期間:12ヶ月

講師紹介

石倉 洋子

いしくら ようこ

一橋大学名誉教授
上智大学外国語学部卒業。米国バージニア大学にてMBA取得後、日本人女性で初めてハーバード大学大学院にてDBA(経営学博士号)を取得。1985-1992年、マッキンゼー社で日本の大企業の戦略、組織、企業革新のコンサルティングに従事。その後、青山学院大学国際政治経済学部教授を経て現職。経営戦略、マーケティング戦略、グローバル戦略が専門。行革本部規制改革委員などを兼務。