BBT Learning Market

BBT Learning Market

番組概要

大前研一【海外視察】

クオリティ国家・シンガポール(~事業戦略型国家に学ぶ~ )

資源も乏しく人口の少ないシンガポールは、低率の税金などさまざまな優遇制度で海外の資本・人材・技術などを導入、優秀な指導者が練り上げた国家モデルを次々と実現させ、現在も成長を続ける。小学校から競争選抜しエリートを養成する同国の教育システムは、世界でもトップレベルの水準に達した。
本番組では、向研会一行が同国を訪問した模様と合わせ、事業戦略型国家・シンガポールが積み上げてきた歴史を検証し、グローバル・ハブとして金融、港湾など各界で中心的地位を獲得した戦略の核心に迫る。

本番組は2013年8月に放送したものとなります。

番組詳細

第1回:クオリティ国家・シンガポール ~事業戦略型国家に学ぶ~

シンガポール共和国は、東京23区と同程度の716平方kmの国土に531万人が住み、2011年には一人当たりGDPがアジア1位の約5万ドルを達成した。同国では、港湾事業などの初期投資額の大きい事業は国営で立ち上げ、経営が軌道に乗った後は民営化し、政府系ファンドが投資するかたちで国が支援を継続する。
例えば、世界最大規模の港湾オペレーターPSAは、シンガポール港の管理を行っていたシンガポール港湾庁が同社の前身だ。この方式により、5年ごとに変更される国家モデルに向けて大胆な資金投入が可能となり、シンガポールは、「事業戦略型国家」として世界市場で頭角を現した。
日本もシンガポールに大いに学び、道州制をベースにした戦略的国家へと変身することで世界市場を生き残ってほしい。
受講料(税抜)
5,000

講義時間:1時間

受講期間:12か月

講師紹介

大前研一

おおまえけんいち

経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。
撮影/太田真三(小学館)