BBT Learning Market

BBT Learning Market

番組概要

キャリアデザイン

実践!キャリアデザイン

幸せなキャリアの条件とは、自分が内に持つ動機を活用して能力を発揮できる割合が高く、仕事に価値を見出すことができ、継続的成長を遂げる余地があり、私生活と仕事のバランスを保つことができることです。

本講座では、自分らしいキャリアの構築、「偶然」からキャリアを作る、ワーク・ライフ・バランスの視点からの働き方再考と言ったテーマで、実践的なキャリアデザインについてご紹介します。

番組詳細

第1回:自分らしいキャリアの構築

企業にとっても個人にとっても、自律的なキャリアを構築できる人材が望ましいのは明らかでしょう。しかし、キャリアに対する誤解が広がりジョブマッチングにばかり注目して、若手社員の中には天職を求めて現実には成長できない者も多いです。変化の激しい環境においては、今ある仕事に主体性をもって取り組み、プロセス重視で自分らしいキャリアに一歩一歩近づいていくべきです。その際の働き方や自らの動機を活用する方法を考えるといった視点からキャリアを考えます。

第2回:「偶然」からキャリアを作る

ゲスト:所 由紀氏(人事コンサルタント)

個人のキャリア自律が叫ばれているが、そのキャリアは前例に倣ったり、自分で探し出して構築できるものでしょうか。
スタンフォード大学のクランボルツ教授らにより「Happen stance approach」(計画された偶然)という新しいキャリア理論が発表されています。「Happen stance approach」では、職業生活(人生)は、本人が意識しないでおこなってきた過程で「たまたま」や「偶然」の出来事・出会いなどによって決まることが多いと論じています。
今回は、この理論をベースに「偶キャリ。」を著した所氏をゲストに迎えて、10人のキャリア形成の実際を紹介して、キャリアについて考えます。

第3回:ワーク・ライフ・バランスの視点からの働き方再考

ゲスト:金井篤子氏(名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授)

「女性のリーダーを如何に増やすか」、「働きすぎ」等の問題が活発に議論され、ワークとライフの両立が(ワーク・ライフ・バランス)が注目されている。
今回は、心理学の専門家である金井教授を迎え、ワーク・ライフ・バランス観点から、新しい働き方を再考します。
現在、20世紀型の働き方(精緻化された分業の弊害)が行き詰っていることはご周知のとおりです。
時間的な問題だけでなく、それ以前の役割分担の多様化等、特に、男性の意識を変えていかなくてはなりません。
受講料(税抜)
7,500

講義時間:3時間

受講期間:12か月

講師紹介

高橋 俊介

たかはし しゅんすけ

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授
組織・人事に関する日本の権威の一人。プリンストン大学大学院工学部修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ザ・ワイアット・カンパニーに勤務後、独立。

人事を軸としたマネジメント改革の専門家として幅広い分野で活躍中。主な著書に「自由と自己責任のマネジメント」「自立・変革・創造のマネジメント」「キャリアショック」「組織改革」「人材マネジメント論」がある。