BBT Learning Market

BBT Learning Market

番組概要

マーケティング

B2Bマーケティング 【初級~中級】

本講座では、B2Bマーケティングにおける基本的な考え方について、「マーケティング・ロジック」というキーワードをもとに、「医薬品」「コモディティ」「高機能部材」「法人」という4分野を採り上げ、ボストン・コンサルティング・グループで各分野を担当するコンサルタントをゲストに招き、実際の現場で生じる問題への解決手法を聞きながら、「B2Bマーケティング」を成功に導く具体的な手法を学んでいく。

B2B(Business to Business)マーケティングとは、消費者(個人)を対象にするB2C(Business to Customer)マーケティングの対語であり、“企業や政府機関、団体などの組織を顧客とするマーケティング”をいう。顧客が“組織”であるということは、多数・多様な人間が意思決定に関わることからDMU(意思決定単位)が複雑になると同時に、そのプロセスもわかりにくい。加えて、組織を相手にする製品/サービスは取引が反復することが一般的であるので、リレーション(組織間関係性)を維持・発展することが重要になる。

番組詳細

第1回:B2Bマーケティング概論

第1回では、本講座全体を理解する際に共通して必要な視点を学んでいただきます。
はじめに、できる法人営業マンとできない法人営業マンとの違いを生み出すこととして、「マーケティング・ロジック」を実践しているか否かに着目します。講師は、自らの経験にもとづき、“「マーケティング・ロジック」とはマーケットを科学的に観察した結果見出される自社にとっての勝ち方である”と解説しています。そして、マーケティング・ロジックを理解したうえで、これが確立されていない状態(「マーケティング・ロジック欠乏症」)が引き起こす具体的な問題を解説します。
特殊性だけが強調されがちなB2Bマーケティングですが、その要諦は市場を科学的に分析し、顧客を深く理解した上で、適切なマーケティング・ミックスを実行することであり、B2Cにも共通する基本的なロジックであるという面を再認識することが必要なのです。

第2回:医薬品マーケティング

第2回では、DMU(意思決定単位)が複雑なB2Bマーケティングの中でも、特筆する複雑さを持つ「医薬品マーケティング」を採り上げます。
 医療用医薬品業界のDMUは、医薬品を選択する医師の周辺に、患者、政府、支払者(健康保険組合)といった影響者が存在する極めて複雑な構造を持っています。ここでは、直接的な意思決定者である医師に働きかけるMR(営業担当者)の生産性を高めるためのマネジメント手法を学びます。MR1人当たりの売上高を決定する要素である「MR1人当たりディテール数」、「ディテール認知率」、「認知ディテール当たり売上高」の3つをいかにマネジメントするかを考えることは、医薬品業界以外の業界におけるマネジメントを考える際にも大いに参考となりますので、そのポイントを理解してください。

第3回:コモディティ・マーケティング

第3回では、製品の差別化が難しく、付加価値を生み出しにくい「コモディティ・マーケティング」を採り上げます。
価格競争を宿命づけられているコモディティの世界で高収益を実現するためにはどうすればよいのでしょうか。一見すると矛盾した課題に映るテーマも、「徹底的に“コモディティ”を追求する」、あるいは「コモディティビジネスを再定義する」ことで、コモディティの宿命から抜け出すことができます。前者の戦略については、世界的なセメント業界の雄Cemex社をベンチマークし、後者の戦略については、スイッチングコストの存在を知り、スピードなどの“違い”を生み出すためのヒントを学んでいただきます。

第4回:高機能部材マーケティング

第4回では、技術進化のスピードやプロダクトライフサイクルが速く、優位性の構築に幅広い方向性を選択し得る「高機能部材マーケティング」を採り上げます。
ここでは、携帯電話用ディスプレーの開発・販売で成功を収めた東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社をベンチマークし、高機能部材マーケティングの成功の鍵となる①プロダクトライフサイクルの見極め、②開発テーマの絞込み、③“真のニーズ”の探求、④ロードマップの提示、⑤コスト目標の設定と実現、⑥勝ち組とのアライアンス、⑦資源投入戦を勝ち抜く、⑧マネジメントインフラ/ケイパビリティで勝ち抜く、の8つのポイントを学んでいただきます。

第5回:法人サービス・マーケティング

第5回では、金融サービスという差異化の難しい無形の商品を販売する銀行を事例として、「法人サービス・マーケティング」を採り上げます。
ここでは、法人サービス・マーケティングの成功の鍵となる①顧客と共感する、②提供価値を磨く、③適材適所、の3つのポイントを学んでいただきます。
①顧客と共感するためには、顧客のステークホルダー全体との関係まで視野を広げること、②提供価値を磨くためには、顧客が期待するものを見極めること、③適材適所のためには、バランスのとれた模範的銀行員にこだわらず、顧客との相性なども加味すること、を理解していただきます。

第6回:B2Bマーケティング まとめ

第6回では、講義全体の総括を行います。
 第2回~第5回で採り上げた4つの分野におけるマーケティングの要諦を再確認していただき、改めて第1回に提起した「できる法人営業マンとできない法人営業マンは何が違うか」という問題を考えてみてください。
そして、最後に講師が解説する7つのコツ(①仮説をもって分析、②現場でリアルな情報収集、③フォーカスの効いた検討、④顧客の行動は合理的、⑤データによる客観的な判断、⑥100%の精度は不要、⑦生態学者のように市場を観察-鳥の眼・虫の眼)の意味するところを理解し、具体的なアクションにつなげてください。

その他講座

カテゴリ番組名講師名受講料(税抜) マーケティング テクノロジーが変えるリテール・マーケティング 藤元 健太郎 13,500円全5回 マーケティング 実践!マーケティング戦略論 数江 良一 20,000円全8回 マーケティング
マネジメント
イマドキの若者は内向きで草食なのか? 深澤 真紀 12,500円全5回
グローバルビジネス
マーケティング
途上国をターゲットとしたイノベーション 中村 俊裕 12,500円全5回
マーケティング ラグジュアリーブランドへの挑戦 長沢 伸也 12,500円全5回 イノベーション
マーケティング
消費者から始まるユーザーイノベーション 小川 進 12,500円全5回
マーケティング 消費トレンドの変化と未来予測 牛窪 恵 15,000円全6回 マーケティング 人口減少時代における新しい街づくりへの挑戦 三浦 展 12,500円全5回 コミュニケーション
マーケティング
顧客ロイヤリティを知る「究極の質問」 森光 威文、火浦 俊彦 7,500円全3回
IT・Web
マーケティング
スマートフォン時代のビジネス・イノベーション 辻村 清行 10,000円全4回
マーケティング 情緒価値を作るブランディング 関橋 英作 7,500円全3回 マーケティング
マネジメント
マーケティング・マネジメント 恩蔵 直人 30,000円全12回
マーケティング
マネジメント
プラットフォーム戦略 平野 敦士 カール  7,500円全3回
マーケティング
マネジメント
プライシング・マネジメント 御立 尚資 15,000円全6回
マーケティング
マネジメント
ストーリーとしての競争戦略 楠木 建 17,500円全7回
マーケティング B2Bマーケティング 【初級~中級】 今村 英明 15,000円全6回 マーケティング
マネジメント
地域づくりのマネジメント 飯盛 義徳 17,500円全8回
マーケティング
マネジメント
BEソーシャル! 齊藤 徹 17,500円全7回
グローバルビジネス
マーケティング
メガトレンドを読み解く 岸本 義之 10,000円全4回
マーケティング 人口減少時代の住宅市場 三浦 展 12,500円全5回 マーケティング
マネジメント
ビジネスモデル・イノベーション 山田 英夫 15,000円全5回
マーケティング
海外ビジネス
世界に出て行く日本の農業 浅川 芳裕 7,500円全3回
受講料(税抜)
15,000

講義時間:6時間

受講期間:12か月

講師紹介

今村 英明

いまむら ひであき

信州大学経営大学院教授、早稲田大学ビジネススクール客員教授
東京大学経済学部卒。スタンフォード大学経営学修士(MBA)。台湾国立師範大学及び台湾大学にて中国文化研究。三菱商事株式会社、及び、世界銀行、ボストンコンサルティンググループなどを経て現在に至る。 素材、エネルギー、ハイテク、情報通信等幅広い業界を担当している。