Business Breakthrough Ch 構想し、決断し、そして行動するためのエッセンスがここに!

Business Breakthrough Ch 構想し、決断し、そして行動するためのエッセンスがここに!

お知らせ一覧

2017年6月12日
『実践!経営トレーニング』(BBT大学出版)Vol.29とVol.30の2冊をセットで5名様にプレゼント!
応募締切:7月5日(水)まで

 

Vol.29 もしも、あなたが「しまむらの社長」ならば
http://www.bbt757.com/pr/rtocs/1530/

│CaseStudy1│
あなたが「しまむらの社長」ならばどうするか?
国内衣料品小売業売上高第2位のしまむら。第1位のユニクロを運営するファーストリテイリングに大きく水をあけられているのは海外売上の差および顧客層の男女比の違いが主要因。地方都市の主婦層向けブランドといったイメージの定着がまぬかれない中、現状打開の戦略とは?

│CaseStudy2│
もしも、あなたが「メルカリの会長」ならばどうするか?
国内最大のフリマアプリとして知られるメルカリ。国内で断トツの強さを誇るのみならず米国でも強く、この分野においてはすでに覇権を握っていると言ってよい。ユニコーン企業の仲間入りを果たした現在、さらなる成長を目指すためにはどうすべきか?


Vol.30 もしも、あなたが「マツモトキヨシホールディングスの社長」ならば
http://www.bbt757.com/pr/rtocs/1582/

│CaseStudy1│
あなたがマツモトキヨシホールディングス(HD)の社長ならば、
ドラッグストア最大手のマツモトキヨシは、首都圏を中心に展開し、充実した品揃えを武器に国内首位に位置してきた。しかし実質的にはイオングループに追い抜かれており、他の小売業態との競争も激化している。国内市場の成長が鈍化する中、取るべき戦略とは?

│CaseStudy2│
あなたがドンキホーテホールディングスの社長ならば、
国内トップの総合ディスカウントストア、ドン・キホーテ。独自のビジネスモデルにより、1号店の出店から連続して増収増益をあげ、現在も競合他社を大きく引き離すスピードで成長している。しかし専門小売業との激しい競争にさらされ、地方の競合企業も多数ひしめく。さらなる成長を目指すためには何をすべきか?




詳しくはこちら