BBT Learning Market

BBT Learning Market

番組概要

大前研一【向研会】

日本発グローバル企業に学ぶ(~KOMATSU & YKK~ )

多くの日本企業では、国内市場の冷え込みと、円高為替リスクによる輸出減によって、業績が悪化している。市場動向を見極めるため、経営者は首都東京の動向に注目しながら事業を展開する。そんな中、早くから世界市場に目を向け、海外市場へ挑戦して成果を上げている企業が存在する。
本番組では、2012年5月に開催された向研会緑陰セミナーの模様とともに、ローカルの地に中枢機能を置きながら日本を代表するグローバル企業となったコマツとYKKの事例から、日本企業がグローバル化を進めるためのヒントを学ぶ。

本番組は2012年7月に放送されたものです。

番組詳細

第1回:日本発グローバル企業に学ぶ ~KOMATSU & YKK~

株式会社小松製作所(コマツ)は、1921年に石川県小松市で竹内明太郎氏によって創業された。「世界に通用する技術を生み出し、世界を相手に勝負する」という創業精神は、現在の社員にも伝承されている。コマツが目指すグローバル連結経営では、それぞれの地域の歴史や文化を尊重し、お互いの違いを認め合うことが重要だと説く。
YKK株式会社は、富山県黒部市に拠点を持ち、ファスナーをはじめとするファスニング商品、住宅用窓などの建材商品を製造販売する。顧客の要望に応えるかたちで世界各地に生産拠点を増やし、現在では世界71カ国・地域にグループ会社を抱え、従業員3万9000人(日本国内は1万7000名)、2011年連結売上高は5490億円に上る。

ローカルな地を拠点に活動する企業は、自らの企業哲学を浸透させることで組織の結束を強め、社員一丸となって世界市場に闘いを挑んでシェアを獲得してきた。北陸発のグローバル企業を参考に、日本企業も生き残りを懸けたグローバル化に取り組んでいただきたい。

その他講座

カテゴリ番組名講師名受講料(税抜) NEW大前研一【向研会】 モディノミクスが変革するインド経済の新潮流 大前研一 5,000円全1回 NEW大前研一【向研会】 FinTechが変革する世界 大前研一 5,000円全1回 NEW大前研一【向研会】 企業におけるIBM Watsonの活用 大前研一 5,000円全1回 NEW大前研一【向研会】 2017年経済から見た今後の経済見通し 大前研一 10,000円全1回 大前研一【向研会】 【向研会】AI SHIFT 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 【向研会】アイドルエコノミー2.0 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 【向研会】社内起業家を生み出す経営 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 【向研会】シアトル・バンクーバーに学ぶ地方創生 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 【向研会】生産性を高める経営 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 【向研会】新時代の消費者 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 世界のリゾートの研究 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 アジア企業のグローバル化の現状 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 我々は日米の好業績企業から何を学ぶか? 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 シリコンバレーの新潮流 ~米国発 新世代エコシステム~ 大前研一 5,000円全0回 大前研一【向研会】 世界の教育トレンド 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 新興国企業の台頭と日本への影響 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 地域活性化の現状と課題 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 シェール革命で米国経済は復活するのか? 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 家計バランスシート・消費不況の現状と課題 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 日本発グローバル企業に学ぶ(~KOMATSU & YKK~ ) 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 韓国企業の競争力 ~日本企業に対する意味合い~ 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 世界一のシェアを持つ日本企業 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 企業不祥事の現状と課題 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 なぜ台湾企業が勝者となってきているのか? 大前研一 5,000円全1回 大前研一【向研会】 日本企業の生産性・組織・雇用形態の現状と課題 大前研一 5,000円全1回
受講料(税抜)
5,000

講義時間:1時間

受講期間:12か月

講師紹介

大前研一

おおまえけんいち

経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。
撮影/太田真三(小学館)