Business Breakthrough Ch 構想し、決断し、そして行動するためのエッセンスがここに!

Business Breakthrough Ch 構想し、決断し、そして行動するためのエッセンスがここに!

バナー_開局20周年記念_期間延長_210_124
行動経済学が変えるマーケティング戦略
行動経済学が変えるマーケティング戦略
行動経済学は、人間が必ずしも合理的に行動しないことに着目、研究する学問です。本人も意識していない無意識の不合理な判断、心理的なバイアスを明確化、法則化しています。
行動経済学をマーケティングに活用し、関わる全ての人間の無意識の行動や選択を知ることで、より効果的に無駄なくビジネスを行うことが可能になります。例えばターゲットである消費者の無意識の選択や判断を把握することで、消費心理を刺激して購買につなげることが可能になります。
一方マーケティングを行う企業のマーケターもまた人間であり、不合理な判断をしかねません。事前にその認識があれば失敗の可能性は減ります。
本番組では、行動経済学の概要を説明するとともに、マーケティングにおける活用方法、またビジネスの失敗を避ける方法について解説します。

講師紹介

橋本之克
橋本 之克

東京工業大学社会工学科卒業後、大手広告代理店で消費財のマーケティングを担当。 1995年日本総合研究所入所。環境エネルギー分野を中心に、官民共同による研究事業組織「コンソーシアム」の組成運営や、自治体向けのコンサルティング業務を行った。 1998年アサツーディ・ケイ入社後、業界別にマーケティング手法を構築、提案する「業界特化型戦略」を推進。金融、不動産、環境エネルギーの3業界でチームを立ち上げた。 金融においては、年間売上を500億円以上に倍増させるなど成果を上げる一方、業界で注目されていた「行動経済学」に着目。理論をマーケティングやビジネスに応用する取り組みを行っている。 2018年8月にADK退社後はフリーとして活動。通算のマーケティング&ブランディング戦略プランナー歴は30年以上。マーケティングと行動経済学に関する出版、講師、寄稿やTVコメンテータ出演多数。

放送一覧

行動経済学03
行動経済学が変えるマーケティング戦略 03
戦略の失敗回避に役立つ行動経済学
42653
行動経済学が変えるマーケティング戦略 02
ヒット商品を行動経済学で読み解く
42652
行動経済学が変えるマーケティング戦略 01
行動経済学とは何か、なぜ注目されているのか